ショアラバのシーズン

ショアラバのシーズン

自分自身のでのショアラバの実績に基づいて、月毎の状況を簡単にまとめてみました。

 

ターゲットは「マダイ」「ヒラメ」「マゴチ」ですが、ほぼ一年中何かしら釣れています。

 

しかしまだハッキリと 「この季節はこうだ!」と断言できるほどのデータはありません。

 

秋冬にショアラバををやり始めたのは2018年からなので、秋冬のデータが少ないです。

 

シーズナルパターンの解明は、まだまだ今後のお楽しみとも言えますね。

 

参考までに、2015年〜2022年8月現在の3魚種の釣果を、月ごとのグラフにしてみました。
マダイの月別釣果グラフ

 

ヒラメ釣果統計グラフ

 

マゴチ釣果統計グラフ

 

一個人の釣果データなので、釣行時期や釣行エリアにはかなり偏りがあります。

 

グラフで釣れてない時期は、あまり釣りに行っていない時期という事もあります。

 

いずれにしても、データの数が少ないので、参考程度に見て下さい。

 

それでも、少しずつシーズン的な傾向が見え始めました。

 

各月の傾向と狙い目

1月

メインターゲットはヒラメ。
水深5m〜10mのポイントでヒラメが釣れています。
マダイもたまに食ってきます。

 

2月

寒くて厳しい時期ですが、ヒラメは釣れています。
価値ある寒ビラメを狙いましょう

 

3月

3月もメインターゲットはヒラメですが、ポツポツ鯛やマゴチが混じる事もあるようです。

 

4月

春!マダイ、マゴチ、ヒラメと多彩なターゲットが狙える季節の到到来です。

 

5月

マゴチが良く釣れる時期で、ヒラメも狙えます。
マダイはノッコミの時期にあたり、狙って釣ることができるようになります。
ショアラバの最盛期と言えるかもしれません。

 

6月

引き続きマゴチ、ヒラメが狙えます。
マダイは産卵でいったん食いが落ちるようです。

 

7月

産卵後のマダイが釣れ始めます。
真っ昼間でも釣れますが、暑いので早朝マダイ狙いがおすすめです。

 

8月

真っ昼間でも釣れますが、暑いので早朝マダイ狙いがよろしいかと。
真夏の早朝は、意外とシャローにもマダイが回遊しています。

 

9月

9月はショアラバの釣行回数が少ないのでデータ不足です。
マダイはまだまだ狙えるし、マゴチやアコウが釣れたこともあります。

 

10月

10月もあまりショアラバを試した事がないので不明。
マダイが良く釣れていたとの情報もありました。

 

11月

ヒラメやマダイが釣れています。

 

12月

ヒラメやマダイが釣れています。

 

 

香川県・瀬戸内海以外の地域では?

太平洋側

太平洋側の高知県では4〜6月に高知市や宿毛市でショアラバしてみたのですが、マダイ、ヒラメ、マゴチ、ハタなどいろいろ釣れました。

 

ハタ類は瀬戸内だとキジハタ(アコウ)のみですが、高知ではアオハタやチャイロマルハタなど瀬戸内では見られないハタが釣れるので楽しいです。

 

日本海側

日本海側では、まだショアラバをやったことがありません。

 

 

まとめ

ショアラバは、春夏秋冬切れ目なくオールシーズン楽しめる釣りです。

 

いろいろやっているうちに、オフシーズンはなくなってしまいました。

 

とはいえ、シーズナルパターンなどは未解明な部分も多いので、とにかくいつでも行ける時に海に行って、タイラバを投げてみると良いでしょう。

page top