夏の釣りのために空調服を買ってみた


今年の夏は空調服でマダイの釣果アップを図る

マダイ

真夏はショアラバでのマダイ釣りの好機です。
日中でも岸近くの浅場まで回遊があり、かなりエキサイティングな釣りが楽しめます。
しかし真夏の日中の釣りは暑い!とにかく暑い・・・
熱中症の危険を感じる事さえあり、魚が釣れるよりも先に人間が参ってしまいます。
そこで注目したのが空調服です。
使っている人から話を聞いたり、専門サイトで比較検討したりして空調服について調べてみました。
これがあれば真夏でも釣りする時間が伸びて釣果も伸ばせるはず。
何より真夏の釣りが快適になるならと購入してみる事にしました。

 

空調服とは

空調服の仕組み

「空調服」とは小型ファンが付いた服で、服の中に風を送り込んで暑い場所でも涼しく快適にすごせるという服です。
服の中に送り込まれた風が服と体の間を流れて、汗を気化させる事で体から気化熱を奪って冷えるという仕組みです。
腰のあたりのファンから取り込まれた空気は服の中を通って襟元と袖口から排出される構造です。
工場や屋外作業などエアコンの使用できないような環境の作業服として普及しています。
最近は仕事着としてだけでなく、釣り、ゴルフ、スポーツ観戦などアウトドアレジャーの場面でも使われているようです。

 

去年買わなかった(買えなかった)理由

かなり快適とは聞いていたが

工事現場などの屋外作業の熱中症対策として普及してきた空調服。
大手ゼネコン等も正式採用しているとかで、エアコンのない場所で働く人にはもはや欠かせない存在となっているようです。
知り合いにも仕事中に着ているという人が何人かいて話を聞いてみると「着ていると全然違う」と口を揃えて言います。
ならば夏の釣りで着ればあの暑さから逃れることができるのでは?
そう思いながらも去年は購入できず、暑さに耐えられず短時間の釣りしかできませんでした。
猛暑のせいもあってか人気商品になっていたようで、買おうと思った時にはどこも売り切れだったのです。

 

いかにも作業服といった見た目に躊躇

元々は作業者の熱中症防止が目的のモノなので、デザイン的には作業服チックなものが多いです。
お仕事空調服
アウトドア用ウェアとしては違和感があり購入を躊躇してしまいました。

 

パンパンに膨らんだ作業服ってどうなのよ

真夏に長袖の作業服で釣りって変じゃない?って思ってしまいます。
しかもパンパンに着ぶくれしてるように見えてしまう。
真夏にスキーウェアかダウンジャケットでも着ているかのような見た目が暑苦しい。
空気で膨らんだ袖とか動きにくそうという心配もありました。

 

去年買おうとした時にはほぼ売り切れ状態だった

それでもあの暑さが凌げるならとお試しに1着買ってみようとしたのですが、夏にはほとんど売り切れでした。
去年の夏はかなり暑かったので品薄状態になってしまっていたようです。
アウトドアユースを意識したデザインの空調服もあったようですが、売り切れで買うことはできませんでした。
人気急上昇で夏を前に売り切れる商品も!夏の暑さは扇風機付きウエアで乗り切ろう!

 

今年買った理由

真夏はショアマダイの好機

例年7月〜8月は岸近くの浅場でマダイが釣れていました。
朝マズメの時合いを狙って釣りに行くのですが、夏場は日が昇るのも早くてすぐに汗だくになります。

アウトドアウェアとして着られるデザイン

柄やデザインもアウトドアウェアとして着られる空調服が増えてきているようです。
空調服の各メーカーもレジャーユースを意識した商品が揃っていました。

今ならサイズもデザインも選び放題

去年は売り切れで買えなかったので、この時期にネット予約で買う事にしました。
今ならデザインもサイズも選び放題です。
それでも5月時点で「2019年今季完売」と既に表示されている商品もありました。
2019売り切れ
予約販売受付中で人気モデルは売り切れ必至だそうで・・・
これはやっぱり今のうちに買っておかないと

 

どのタイプを選べばいいのか

初めて買うのでファン・バッテリーセット

服とファンとバッテリーを別々に買えたりもするようですが、今回は初購入なのでセット商品から選びました。
洗い替えで服だけとか、予備バッテリーとかを後から買う事もできるようです。
(その時点で在庫があればですが)

長袖か、半袖か、袖なしか

長袖なら日焼け対策にもなるかと思いましたが、真夏に長袖?という見た目の問題があります。
パンパンに膨らんだ袖も動作の邪魔になりそう。
手首から常に風がでているので、釣り糸を結びなおしたりする時に風が邪魔になるかもしれません。
半そでなら長袖よりは見た目がマシという気はしますが、それならいっそ袖なしベストタイプがよさそうです。
ベストタイプは見た目が暑苦しくなく、真夏に来ていても違和感はありません。
肩回りから風が抜ける事になるので、脇の下のスースー感が気持ちよさそうです。

 

これを買いました

いろいろなメーカー・タイプを比較しながら選べる専門サイトがあったので、自分の釣りに最適な空調服がどれなのかじっくり見てみました。
日本最大級!真夏の必需品、ファン付きウエアの専門サイト
そして検討の結果↓をポチっと・・・

これを選んだポイントは

ベストタイプ

まずはベストタイプが釣りには最適そうだったのでベスト型で絞り込みました
空調服とは
ベストタイプの空調服おすすめランキング

フード付き

フード付きは仕事着にはないデザインだし、日焼け対策にもなるし、頭部まで風をまわして冷やすこともできそうです。

ファン・バッテリーの性能も問題なさそう

7.5Vで稼働時間約8時間と、他の製品と比較しても性能には問題なさそうです。

安かった

ファン・バッテリーセット商品の中では安かったのが選択の決め手でした。


空調服が届きました

先日↓でポチッた空調服が届いたので早速箱を開けてみました。

 

ファン・バッテリーキット
ファン・バッテリー・コード

 

服(ベストタイプ)
こちらは服(ベスト型)

 

服(ベストタイプ)
腰の部分にファンを取り付ける丸い穴が開いています

 

服(ベストタイプ)
ファンの取り付けや接続は簡単

 

バッテリー
バッテリーは内ポケットへ

 

着てみた

スイッチON
バッテリーは内ポケットですが、外から手探りでのスイッチ操作が簡単でした

 

前から
着てスイッチを入れた状態

 

おおー涼しい・・・というかまだ5月なので寒いぐらい(笑)
ベスト全体が膨らんで、首元からスースー風が抜けていきます。
ちょっと腕を上げると脇の下からもスースー風が抜けていきます。
ファンの音も気にならないレベルで、バッテリーやファンの重さも全く気になりません。
これは快適かも^^

 

フード
襟に折り畳み収納されていたフードを被ってみるとこんな感じ
この状態だた耳元や後頭部にも風が抜けてこれはこれで気持ちいい。
日焼け対策にもなるしフードを使うのもいいかもしれない。

 

ウェストバッグ・ライフジャケットとの併用は?

実際の釣りの場面ではライフジャケットやウェストバッグを身に着ける事にります。
そこでいつも使っているウェストバッグを着けてみました。
後ろから
ランディングネットもいつもどおりに装着

 

うん、特に問題なさそう。
バックを前に回して中身を出し入れしたりするの普通にできました。。

 

ちなみに膨張式ではないフローティングベストや肩掛け式のライフジャケットも着けてみたが、案の定空気の流れが遮断されて空調服の意味がありません。(分かっていた事ですが・・・)

 

このウェストバッグは両側にD環が3個ずつ付いていて、玉網やフィッシュグリップを付ける場所にも困らず便利です。
それとバッグの下面にはポーチ型のライフジャケットを付けられるようになっていて邪魔になりません。

 

コアマン ショアスタイルバッグ

 

ポーチ型ライフジャケット

 

まとめ

  • 品薄になる前の今のうちに買っておく
  • レジャーユースならベスト型がおすすめ
  • メーカー・性能・素材・デザイン・型いろいろあって選ぶのは楽しいけど迷う
  • 目的やタイプ別に比べて選べる専門サイトは便利だった
空調服専門サイト↓


page top