ショアラバ用タックルの選び方

ショアラバで使うリール

ロッドは必ず実物を手に取って感触を確かめてから選ぶようにしています。
リールも実物を手に取って選ぶに越したことはありませんが、ロッドと違って通販サイト等でデザインやスペックだけを見て選んで買う事もあります。

 

スピニングリール

3000番〜4000番の普通のスピニングリールなら何でもよいです。
ロッドとのバランスもありますので、9フィート以上のロッドになら4000番がよいと思います。
ただしあまり安いものはオススメしません。
新規購入するなら2万円前後以上のもので、あとは予算とお好みに合わせて選べばよいです。

 

レバーブレーキ付きスピニングリール

扱いには多少慣れが必要

慣れないうちは不意のアタリに反射的にアワセを入れたら逆転して「アーッ」ってなった事があります(笑)
しかし慣れてしまえばショアラバでは心強い武器になります。
自分が使っているのは、シマノの11 エクスセンスLB SS C3000HGM ですが、旧モデルでもう売ってないようです。
現行モデルを色々調べてみましたが、今から買うならこれですね。

レバーの形状がキャスト時に邪魔になりにくいショートタイプでショアラバ向きです。
糸巻き量もPE1号が200m巻けるのでOK。
レバーブレーキリールはお高いのが多い中、お値段もお手頃です。

 

レバーブレーキダブルハンドルへの交換は必須

最初はノーマルのシングルハンドルのまま使ってみましたが、ハンドルの重さでフォール時の回転が一定にならずダメでした。
ハンドルを上向きにしてみたりもしましたが、ハンドルの回転ブレでスムースな逆転フォールにならず、着底も分かりにくくなってしまいます。
ダブルハンドルに交換したらリールの逆転でスルスルとスムーズなライン放出によるフォールができるようになります。
速い流れの中でも着底がとても分かりやすくなりました。
フォール時のラインテンションの微調整はハンドルの軸の部分に指を当てれば微妙なタッチのサミングも可能です。
巻き上げ動作に移る時にもハンドルノブが2つあるのでのハンドルを掴み損なう事もありません。
ただしシングルハンドルより短くなるので、ゴリ巻きしたい場合は巻きが重くなります。
ダブルハンドルはエギングやライトゲームで使われることが多いので、ハンドル長さが短い物が多いです。
ショアラバで使う場合はできるだけハンドルの長いものを選ぶとよいです。
ZPI社製の105mmパワーダブルハンドルを使っています。(現在は売り切れのようです)
ダブルハンドルはカスタムパーツは専門サイトから自分のリールに適合する製品を探してみるとよいと思います。
HEDGEHOG STUDIO・Avail・ZPIなど各種カスタムパーツが勢揃い!
ショアラバ向きのハンドル長100mm以上のダブルハンドルを探してみました

 

 

ベイトリール

巻き上げとフォールを繰り返すタイラバでは、オフショアの場合はベイトリールが主流となっています。
ショアラバでもベイとタックルは有効だとは思います。
しかしショアラバで使うとなるとリールはともかく合わせるロッドはどんなものを選べばいいのやらといった感じです。
なので私自身まだベイトタックル試していませんので、ベイトリールについてはこれ以上語れません。
ちょっと興味あるリールはあるのですが・・・

page top